ビデオ 音楽

コラボ・ビデオ「蝶と白太」


このビデオで洋子が朗読している詩は、僕が撮影の前々日まで書いていた「樹の年輪」を主題にした曲の訳と、撮影前日に書いたこの「蝶と白太」の訳の一部を合わせたものです。「蝶と白太」の全編は、後ほど時間をかけて訳します。

生い茂る樹/ 木霊する年輪に宿るのは/ 柔らかな白太(シラタ)の襞(ヒダ)に/ 形を灯す光たちと/ 響き合う歳月の記憶。

年輪よ、/ 僕らのイノチと同じだね。/ 愛の蜜は崖っぷちまで溢れ出し/ その輪は常に拡がってゆく。

夜を舞う蝶々は、その羽を焦がす。/ 永遠の彼方/ 静かな眠りの彼方/ 愛の彼方にでさえ/ 世界が花咲くことを願って。

年輪に宿る蝶々たち、/ 光を忘れることはない。


奈良より

奈良で曲作りの為のレジダンス(滞在)ができること、それが書家の友人である桃蹊こと柳井尚美さんの、彼女が営む旅館であることは、[蒼い山]の冒険を進めるにあたり僕にとってかけがえのない幸運でした。この大きな建物には「ご縁」の意味が存在している。ここでは、モノや人の後を追いかけず。つもり、育むべきご縁は育み、そうでないものは放っておくことを学ぶ、そんなシンプルなこと。この旅館は仏陀の地・奈良の真ん中にあり、「全てが因果関係にある」というビジョンが尚美さんには浸透しています。繊細な人であればここに着いた途端、遠い記憶のような、場所に染み込んだもののような、空気に漂う二つの香りを嗅ぎ分けることができるでしょう…。それは「木」と「墨」の香りです。

「木」はこの地域の生活の中心にあります。家やお寺を建てるための木、彫刻にする木。木と暖める火。(奈良の木については話すことが沢山あるので、詳しくは次の機会にします。) そして「墨」は、不可欠な、日常的な、呼吸のようなもの。日々の呼吸のようにペンを取りインクを書き下ろし、木や森をこよなく愛する僕と、尚美さんとを繋ぐのは、こういうことです。なのでここに来て「木々」をテーマに曲を書くべきたということは、はっきりと見えていました。

この曲作りには随分苦労し、曲が聴こえてくるよう拝んでいました。そして奈良在住の才あるパーカッショニスト、スティーブ・エトウさんとの撮影予定日の前日…。曲は降りてきたのです。ジェット機のように、数分で書き上げました。目の前に現れたイメージの力と、簡素で深い音楽性に捉えられたのです。迷うことなく翌日にLive撮影。まだ夜が暗い、蝋燭の灯が夢を照らしていたような時代に、遠い時空・異世界へダイブする。この曲はそんな感じのものです。

創作旅行記プロジェクト [Les Montagnes Bleues/蒼い山]